2017-11-02

第14回DT紹介 ハロウィンキットで12インチ作品 - 1




制作:黒田 日富 様

第14回DTによる作品紹介です。

DTの黒田 日富 様の4回目のDT紹介記事です。

Simple Storiesから発売のハロウィンテーマSpellbound
作成したキットで12インチ作品を作成して頂きました。
ハロウィンが終わった今の時期におすすめのなハロウィンテーマの作品作りにおすすめな素材節約をしつつ作品に奥行きを出すテクニックをご紹介します。

ハロウィンキットを使って作品作りを楽しみましょう♪

使用したコレクションの詳細

キット画像

2017年5月入荷したSimple Storiesのペーパーコレクションです。
12インチペーパー3種類とステッカーのみという種類の少ないペーパーコレクションです。こちらにレースペーパーやフレーム、ダイカットを加えたキットです。
リアル系のハロウィンテーマのペーパーラインで、似たテーマならPink PaisleeのSpellcastもおすすめです。

以下メイキングです。

使用したアイテム

今回のDTworkではこちらのシックで大人っぽいペーパーやステッカーにハロウィンモチーフのダイカットがたくさん入ったキットを送って頂きました♪
DreamMakerさんのキットは珍しいダイカットが多く、種類も豊富で見ているだけでワクワクします♪
写真マットやデザインフレーム、レースペーパーもいろんな種類が入っているのでイメージに合わせた作品づくりがしやすいキットでした!

送って頂いたキットはペーパー3枚のミニテーマキットでしたので、「12インチ作品を1枚」と言う事でしたが、エンベリ類がたくさん入っているので「材料節約術」もご紹介しながら2つの姉妹作品をつくりたいと思います♪

土台となりそうなペーパーは2枚。
このまま1枚ずつ使用して2作品つくるとなると完成した時に深みのないのっぺりとした印象の作品になってしまいます。
そこで台紙に『3ステップ』のひと手間を加えて「材料節約」を実現しつつ、奥行きのある作品に仕上げて行きたいと思います♪

【ステップ①】 切り返しを付ける!

キットから以下の2枚をそれぞれ2パーツにカットします。

切り返しのラインをカットする場合は1/3程度にしておくとどんな作品に仕上げてもレイアウトが取りやすいのでオススメです!

今回もペーパーは縦ボーダーのプリントがポイントになるので目を引くオレンジのラインを活かし、そこを切り返しのポイントにします!

接着は切り落としたバーコード部分でつないでます♪
超節約!!(笑)

【ステップ②】写真マットをつける

まずはこちらの台紙から!

キット付属の写真マットともう1枚別にこちらのペーパーから
写真マット用のペーパーを切り出します。
(右上の2つです。)

ボーダーだけのペーパーに写真を乗せるよりも切り返しや写真マットを付けたことで見やすく、また写真に
フォーカルポイントを集めることが出来ました!

でも奥行きは・・・。
まだ物足りないですね。
そこで最後のひと手間を加えます♪

【ステップ③】ジェッソでペインティングする!

写真マットの下になる部分を大胆にジェッソで塗りつぶします!
あえて強弱をつけて塗りつぶしておくことが大切です!
これが「奥行き」表現のポイントにもなってきます。
ジェッソがない場合はアクリル絵の具(白)で代用しましょう♪

さらにスパッタリングしてしぶきを上げます!
作品に広がりが出て、ダイナミックな台紙に変身します!!
「白」の露出が増えるのでトーンアップ効果も増大しますよ!
専用道具がない場合は歯ブラシなどで代用してくださいね!

写真マットと写真を置いてみるとこんな感じです♪

エンベリ

台紙が出来たのでエンベリ類で飾っていきます♪

レースペーパーを半分にカットし、2カ所に配置します。
まるで2枚使っているように見えます♪(節約術)

トワインも写真下に巻きました。

ステッカー

次にステッカーを飾ります♪
ステッカーは場合によってポップアップしたいので粘着部分にベビーパウダーを塗り、粘着を取っておきます。
こうしておくと仮のレイアウト配置をしてみる時も便利です!

ハロウィンっぽい門扉も
カットしてジェッソで白く着色して配置しました♪

バナー

キット付属の「バナー」はこんな風に同じ柄をつないで長さを変えれば作品にもリズムが出て来ます♪

バナーと一緒に文字ステッカーもリズム良く並べて完成です♪

第14回DTによる作品紹介でした。

今回お送りしたキットはペーパーが3枚と少ないミニテーマキットでしたが、素材をフルに活用して頂き、ペイントを利用した厚みがでボリュームある作品をありがとうございました。

ステッカーにベビーパウダーを塗って粘着性を取るのは目からウロコでした!
ダイカットはタグやワードばかりで絵柄がないけど、ステッカーにはかわいいキャラクターの絵柄があったりする場合が結構あるので、この方法を使えばダイカットにできますね。

DTの黒田様、素敵な作品の作成ありがとうございました。
次回は、引き続きハロウィンテーマでお送りします。
この作品を作った残りの素材でさらに1作品作って頂いております。
次回の更新は2017年11月6日(月)の更新を予定しております。

0 件のコメント :

コメントを投稿