2019-02-22

第22回 パターンペーパーで小物づくりを楽しもう♪




第22回DTによる作品紹介です。
今回は、DTの黒田様にKaiserCraftから発売のヴィンテージテーマののペーパーコレクションでペーパーボックスのカスタマイズした作品を作成して頂きました!


以下メイキングです。


【今回使用したキットについて】

今回のDTworkではシックな色合いがカッコイイ『Kaisercraft』のペーパーやダイカット、色合わせされたフラワーパックを使って日常生活が楽しくなるような小物づくりをご紹介したいと思います♪
焼き菓子を入れてteatimeを彩ったり、インテリアとして部屋を飾ったり、スクラップブッキングで彩り豊かな生活空間を演出して楽しんでみませんか?

 




送って頂いたキットの中からパターンペーパーを2枚とダイカットとフラワーを使いました♪
丸いBOXとノブは100均の物を用意しました♪
以上の材料を使ってカルトナージュのように好みの柄で小物入れをつくってみましょう!
『Kaisercraft』は他のメーカーに比べて薄手で柔らかいペーパーなので今回のようにBOXに貼るのにとてもオススメです!
DreamMakerさんにはこちらのシリーズ以外にもいろんなシリーズの『Kaisercraft』ペーパーのお取り扱いがありますよ!
またセール商品を上手く使ってお得に仕上げるのもいいですよね!

【ステップ①】 BOX部分に好きな柄のペーパーを貼ろう!


①幅を【BOXの縦の長さ+のりしろ(1インチ)】にカットとしたペーパーを2本取ります。


BOXの外周の長さによって本数は変わります。のりしろの部分に折り目を入れておくのがポイントです!





②画像のように底面にのりしろ部分がはみ出すように貼ります。



③折り目に沿って切れ目を入れていきます。

折り目を入れたことで切り込み過ぎを防げました!!



④切り込みを入れた部分は1枚ずつ丁寧に貼り付けます。




⑤最後に底部分にもペーパーを貼ればBOXの仕上がりです♪




【ステップ②】 フタをつくろう!

①フタよりも1インチほど(のりしろ部分)大き目に円を取り、フタの側面と同じ幅のペーパーを2本取ります。




②のりしろ部分が側面にはみ出すように貼り付け、はみ出した所は切れ目を入れ、丁寧に貼り付けます。



③側面用のペーパーをのりしろ部分が隠れるようにきれいに貼り付けます。




④次にフタの中央部分にキリなどで穴を開けます。


⑤用意したノブを通します。


※画像のノブは少し長いけどご愛敬(笑)

⑥これでオリジナルBOXの完成です!!


とっても簡単でカワイイのでサイズ違いや形違いでたくさん作りたくなっちゃいますね♪



【ステップ③】エンベリで華やかさをプラスオン!


好みのペーパーを貼り合わせるだけで十分可愛いですが、DreamMakerさんにはフラワーパックや

ダイカットなどもたくさん販売されていますよ!
それらを使って飾ると更に可愛さUPすること間違いなし!!
「どのペーパーにどのエンベリをコーディネートすればいいか分からない!」という方にはDreamMakerさんがオリジナルで組まれているキットを利用すればペーパーに合わせてダイカットやフラワーがセットされていて悩むことなく時短で楽しむことが出来ますよ!
キットはこんな風にレイアウト以外でも楽しむことが出来るんです♪
また「テーマ別」検索もできるので作りたいテーマに合わせて検索すれば、すぐに欲しいものが見つかります♪
もう迷うことに時間を使わないで楽しい時間をスタートさせましょう♪

さて、今回の小物入れづくりはいかがでしたか?
スクラップブッキングペーパーは色あせ防止効果のある
特別なぺーパーなので長く綺麗な発色のまま楽しむことが出来ます。
また布と違ってほつれることがないので切りっぱなしで使えるのも
とても便利でいいですよね!
ぜひ自分好みのBOXをつくって毎日の生活を彩ってくださいね♪


第22回 DTによる作品紹介でした。


身近で買える100均アイテムをベースにしたアレンジの紹介ありがとうございます。

最初からボックスを作るのはかなり難しいですし、ダイで立体物が作れるものもありますが、思ったようなサイズではなかったりすることもあります。
100均で手頃に購入できるボックスのアレンジはとても参考になります。


今回紹介したペーパーコレクションは売り切れてしまっているのですが、ヴィンテージテーマは他にも扱っております。



テーマから探すページでジャンルごとに探せます。
ヴィンテージテーマでは、ディストレスインクなども一緒に調べられます。



0 件のコメント :

コメントを投稿